2016.05.13 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.06.28 Thursday

さよならパーティのクッキー

帰国前の最後の日曜日、近所の友人たちを招いて、芝生の脇のオープンスペースで簡単なさよならパーティを開いた。引っ越し準備の真っただ中なので、大した食べ物は作れないけれど、市販のものを大量に買ってきて余らせるのは癪だし、かと言って手間をかけることは不可能だし・・・と迷った挙句、おいしい果物をたっぷりと、お決まりのチップス&サルサ(サルサ・フレスカだけでなく、今回ばかりは豆とワカモレまで付く完全版)、そして、せっかくなのでグルテンフリーのクッキーを2色焼いて、彼の地で一時期柄にもなくはまったクリームチーズフロスティングを上に載せることに。



これは手軽なのにケーキのような美味しさがあって、なかなか良かった。子どもにも大人にも好評。

<材料>
アーモンドパウダー 55g
玄米粉 90g
白米粉 40g
タピオカ粉 50g
塩少し
ココナツオイル 20g
菜種油 20g
アガベネクター 35g
水 50g

粉類を混ぜ合わせ、そこに混ぜ合わせた液体類を入れ混ぜる。のばして、適宜型にぬいて、かなり低めの310F(日本に帰ってきてからは150℃)で30〜40分、表面を指で押して硬くなるまで焼く。

クリームチーズフロスティングは、アメリカではカップケーキの上のクリームとして一般的。ひたすら甘さが勝つバタークリームは苦手だけれど、クリームチーズフロスティングは酸味と甘みが良いバランスで、大いに気に入った。作り方はきわめて簡単で、室温に戻してやわらかくして角切りにしたクリームチーズ200gを、やはりやわらかく角切りにした無塩バター70g、好みの糖分50g程度とミキサーで混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やすだけ。この組み合わせは肥満街道まっしぐらの危険な美味しさ!長男Kの要望により、半量はラズベリーを混ぜいれてピンク色のクリームにした。 

2016.05.13 Friday

スポンサーサイト


 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
  • log-in

  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.