2019.11.08 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.05.31 Thursday

帰国準備、着々

帰国まであと10日。帰国準備は、思いのほか、気楽に、順調に進んでいる。

いちばん心配だった家具の始末は、craigslistという、こちらでは本当に大規模に普及しているオンライン掲示板で、どんどん売れた。craigslistで手に入れた家具を、craigslistで売り払う。循環を実感できて大満足。品物によっては、掲示して数時間のうちに5通も6通も「欲しい」というメールが届く。引き取りに来た人とも、「craigslistって本当にいいよね〜」と会話が弾む。こちらでは、不動産の賃貸も、日本のように不動産屋さんを通さずに、craigslistで直接賃貸契約するのが一般的らしい。つくづく凄いなあと感心する。

ただ、今回はいくつかの物を300ドルあまりのやや高い金額で出品したためか、複数の詐欺メールが届いて驚いた。craigslistではよくあるトラブルらしい。メールの文面はどれも共通して「忙しいので直接見に行くことはできないけれど、すぐに小切手を送ります。追って配送業者を手配します」という内容。危うくひっかかりそうになってしまったけれど、いかにも怪しい小切手が届いて危機一髪で気が付いた。この手の小切手を自分の口座で現金化しようとすると、大抵は不渡りで、仕組みはよく分からないけれど、最終的に自分がその責任の一部を負わなくてはならなくなるとか何とか・・・。トラブルを避けるには、とにかく「直接会って、第三者を介さずに取引する」ということ。これだけでトラブルの99%は回避できるらしい。良い経験になった。

大きな家具以外は、妻の発案で、知り合いに写真付きリストをメールで送ったり、庭先のポーチに「無料ですコーナー」を作って現物をそのまま並べたりしたら、おもしろいほどスムーズにもらい手が現れる。



子どもの絵本や、使い古したおもちゃ、日本に持って帰るほどでもなく、売るには薄汚れたプラスチックの入れ物などなど・・・。何でも並べて「無料です」と書いておくと、いつの間にかなくなったり、「これ、ちょうだい!」と声をかけられたり。まだ使えるものをごみ箱に捨てずに済むのは本当にうれしいし、もらい手の人たちとのちょっとした会話も息抜きになる(中には、ほとんど他人なのに「引っ越し大変でしょう?もしよかったら子守をしましょうか?」などと声をかけてくれる人まであってびっくり)。我が妻、でかしたり。

日本に持ち帰る荷物は、日通の単身パック990ドルを利用することに。クロネコヤマトと比べて、値段が割安だった。でも、帰国2週間前になってから問い合わせたら、どちらも既に予約が込み合い始めていて、帰国日前日ではなく、2日前の引き取りになってしまった。もう少し早く申し込むべきだった。

残るは、晴れてカイザー病院のありがたい保険を解約することと、カーシェアリングの脱会手続きをすること(車を売る手間がないのもカーシェアリングの大きなメリット!)。銀行口座は、うちは三菱東京UFJ銀行の提携サービスでユニオンバンクの口座を利用したので、そのまま口座を閉じずに帰国して、クレジットカードや小切手の決済が全部済んでから、数か月後に日本からファックスで口座を閉じる手続きができる。これは大変便利!なのにそのメリットをすっかり忘れて、帰国前に口座を閉じなければと思い込んで、ここ数週間はわざわざ日本のクレジットカードを使ったり、小切手を使わないようにしたり、散々無駄な努力をしてしまった。まったくもって愚かな自分。

今週末は近所の人たちを招いて、簡単なさよならパーティを開く。長男Kは帰国当日が幼稚園の年度最終日なので、最終日まで通ってそのまま夕方の便で帰国することになる。どこにも旅行に行けない代わりに、バークレーの美しいお宅の夕飯に呼んでいただいたり、サンフランシスコの友人宅に泊まらせてもらって、夢のようにたのしい時間を過ごしたり。残りわずかな滞在を惜しみながら、ほぼ普段通りに近い日々を過ごしている。 

2019.11.08 Friday

スポンサーサイト


 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
  • log-in

  • (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.