2019.11.08 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.02.23 Thursday

バークレーへ小旅行

ひょんなご縁から、バークレー中心街の邸宅に小旅行することになった。持ち主が旅行に出る間、2匹の飼い猫の面倒を見る条件で、住まわせてもらうことになったのだ。

キャンパスよりも近い場所への、2泊3日の週末旅行。




既によく知るバークレー中心街。でも、普段とは違う、少し豪奢な空間で過ごすバークレー中心街は、文字通り別世界。いっぱしの「リゾート」と呼ぶにふさわしい場所だった。

広いソファの上や、光の差す庭で、ただひたすらのんびりと過ごす午後。朝も、普通にパンでも食べればいいところ、わざわざ最寄りのカフェ(馴染みのNew Amsterdam Coffe Shop)まで繰り出し、気に入りのサラダをテイクアウト(器をあとで気軽に返しに行けることさえうれしい)。


気ままに庭のジャグジーに浸かり、今度は徒歩1分のファーマーズマーケットへ。

いちばん好きなお菓子屋。ムーンライト・ベーカリー。




夜は、階上に住む友人夫妻と小パーティ。時間も気にせず、子どもが寝入ったあとも、深夜まで語らう。


学期中なのに、何だか、びっくりするほど癒された週末だった。新しい場所への旅行もいいけれど、こんな近所への「旅行」にも、それに負けない良さがある。何がいいって、普段と同じ風景が、まるで違って見えてくること。そして、移動の疲れがまったくない。子どもがいて、なかなか旅行が億劫な現在の自分たちにとっては、理想的な旅行の形かもしれない。

声をかけてくれたKさんに感謝。そして、世の美しいお宅に住む人たちが旅行をするとき、もっとこんな風に留守邸を「貸し出して」くれたら、みんな(=自分たち)の暮らしがさらに愉しくなるのにな、などと空想した。 

2019.11.08 Friday

スポンサーサイト


 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
  • log-in

  • (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.