2016.05.13 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2011.05.16 Monday

夏休み!

ついにすべてのテストや課題を終え、晴れて3ヶ月半の夏休みに突入(とは言え、そのうち2か月半はフルタイムでインターンをするのだけれど)。

ハードだった今学期は、苦労の分だけ(?)得るものは多く、本当に勉強になった。まだまだ専門的な知識やスキルというところまでは差があるものの、経済も統計も予備知識ゼロだった入学前のことを考えれば、「ここまで来た!」という充実感は相当なもの。今学期の初めの方のノートを見返すと、「こんなのはもう簡単!」と思える自分がいて、そんな時は自分なりの進歩を実感できる。より本格的な授業が始まる秋学期がたのしみ。

それにしても、課題に追われ続けた今学期。約15週間のうち、10週間くらい「今週が山場!!!」という週があって、「いつになれば山場が終わるのかしらねぇ・・・」と妻に呆れられた。終わってみて、何がどう大変だったのだろう、と15週間の課題をざっと総括してみると・・・

テスト・・・中間・期末合わせて計8回
グループプロジェクト・・・特大1個+小1個
プレゼンテーション・・・3回
レポートなどの提出・・・9回
その他大小様々な課題・宿題・・・40回以上

うむ、単純に回数だけ数えても、毎週平均4個は課題やテストを抱えていた計算になる。これらに加えて、適宜、予習・復習、そして1月〜2月にかけてはインターン探しまで。我が校の雰囲気は、「競争的」というよりは「協力的」で、学生も助け合うし、先生たちも「みんなで蹴落としあうのではなく、学び合って成長してほしい」と異口同音に言う。だから、テストだって難しすぎることはないし、レポートの評価もそれほど厳しくはない。その意味から言えば、真面目に取り組んでいさえすれば、単位が取れないというような心配は無用だったのだけれど、それでも、語学のハンディもあり、ちょっとボタンをかけ違えればすべてが分からなくなる危険と隣り合わせ(しかも挽回する時間の余裕はなし)という緊張感が常にあった。最後の課題を提出し終えたとき、とにかくひとつも漏れなく、無事にすべてを終えられた安堵感でいっぱいだった。

最後の方は慢性の睡眠不足が続き、今現在はまだ疲労気味。来週月曜から始まるインターンに備え、今週いっぱいは休息とリフレッシュに専念する予定。インターン期間中は、平日昼は普通に8時間働くけれど、上記のような課題やテストは皆無なので、夜や週末はずっとゆったり過ごせるはず。日本の友人の皆さん、青空のバークレーにてお待ちしています。 

2016.05.13 Friday

スポンサーサイト


 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
  • log-in

  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.