2016.05.13 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2013.11.08 Friday

ローカルな食卓の喜び

京都に来て8か月。すばらしい土地だなぁという実感がいよいよ深まっている。文化度の高さ、ゆったりとしたコンパクトな町、食のレベルの高さ、すぐ目の前に迫る自然の美しさ、リベラルな人たちの存在etc...。

初めて迎える秋。紅葉もすぐそこまで押し寄せている。隣り町大原の道の駅には、恵みの秋と豊かな冬の到来を告げる色とりどりの野菜や果物が並ぶ。大原の道の駅は、若い有機農家が5〜6軒常時出品しており、非常にレベルが高い。都会の自然食品店とは比べ物にならないほど鮮度の良い有機野菜が、2分の1以下の破格の安さで豊富に手に入る。昨日の昼ごはんは、朝買ってきたばかりのぴかぴかの白い小蕪をパスタに。

 
続きを読む >>

2013.07.11 Thursday

日本の有機紅茶のすばらしさ

昔からお茶が好きで、紅茶、中国茶、日本茶、ハーブティー、とにかくその時の自分にヒットするものを毎日わくわくたっぷりと飲む。お茶は日々の時間を贅沢なものに変えてくれる必需品なので、高価なものでも躊躇なく買う。忙しくてゆっくりお茶を淹れる時間がないと、気持ちがすさんでくる。

以前はマリアージュ・フレールなどの高級な紅茶にうつつを抜かしていたけれど、目の覚めるほど美味しい日本の有機紅茶に出会ってからは、国産一辺倒。もはや高級な舶来の紅茶のことなど、思い出すこともない。

そのきっかけになったのが、こちら熊本県水俣の「天の紅茶」。
続きを読む >>

2013.05.20 Monday

天然酵母生活、やっと再開

3年ぶりに、自分で起こした天然酵母のパン作りを再開した。アメリカではさすがにそんな余裕はなく、インドではオーブンがないのと、雑菌が恐かった。京都での生活も落ち着いてきて、「天然酵母パン王国日本」ならではの美味しいパンを方々で食べて刺激を受け、また自分で焼きたい、という気持ちが蘇ってきた。

久々の酵母起こしは、ちょうどレーズンを切らしていたので、なつめやしを使ってみることに。あまりに久々すぎて、ろくに復習もせずにトライしたら、立て続けに失敗…。きちんとポイントを調べなおしたところ、”咾涼罎砲燭さん酸素を供給してやる(蓋はしめない、1日に数回きちんとスプーンでかき混ぜるetc)、発酵の温度は25〜28℃(30℃では高すぎ)、という辺りが失敗の原因だったようだった。3回目の挑戦は、まず、なつめやしと水をいっぱいに入れた瓶を冷蔵庫で数日寝かせて乳酸菌を増殖させ、そのあと室温で数日発酵させるという寒仕込み方式に挑戦。やっと元気のいい、良い香りの酵母が起きてくれた。
続きを読む >>

2012.08.12 Sunday

わが心の料理本

渡米前、妻とふたりで所有する料理本のコレクションはゆうに数十冊を超え、当然ながらアメリカに料理本を持っていくような余裕はなかったので、8割をフリーマーケットで処分し、2割だけを手元に残し、妻の実家に置かせてもらった。ふと気が向いて、今日の午後はそれらの生き残った本たちを眺めて過ごす。

眺めているだけで、襟元を正され、五感が冴え、エネルギーが満ち満ちてくるのが、米沢亜衣さんの3冊。驚異のデビュー作『わたしのイタリア料理』、そして、完全に料理本の域を超え、手に取るたびに崇高な気持ちに満たされる連作『イタリア料理の本』『イタリア料理の本2』。彼女の料理観と文章の見事さはちょっと他の追随を許さない。わずかの期間だったけれど、東京で開かれていた料理教室にも通うことができ、幸運だったなあと改めて思う。

続きを読む >>

2012.07.25 Wednesday

菓子焼き

知人の方に声をかけていただき、すばらしい邸宅でのパーティにお菓子を各種焼かせていただく。



久々にまとまった量を焼いたので、本当にたのしかった。しかし感覚が鈍りきっていて、材料の調達をミスるわ、7月の湿気をなめていて、クッキーがどんどん湿ってくるわ、いろいろと反省が残った。

グルテンフリーのお菓子は、帰国してからは、タピオカ粉が入手しにくいということで、片栗粉を使い始めてみたけれど、アメリカと日本の米粉の性質の違いもあってか、なかなか思い通りの食感に仕上がらず、現在は、試作の意欲やや減退中・・・。やっぱり、すっぱり諦めてタピオカ粉に回帰すべきか。値段にびびらず、高価な葛粉を使ってみるべきか。。。

続きを読む >>

2012.06.29 Friday

手軽な自家焙煎コーヒー

葉山の友人が、春休みにバークレーに遊びに来た時に、何とコーヒーの自家焙煎機をはるばるアメリカまで携えてきて伝授してくれた。この焙煎機、ガスコンロの上で数分間ゆするだけで手軽に焙煎ができてしまうすぐれもの。「非電化工房」という、電気を使わない商品ばかりを揃えたすごい通販ショップがあって、そこで購入することができる。去年、廣瀬裕子さんの新しい本で知り、そのうち試してみたいと思っていた矢先のこと。そうと言わなくてもこちらの興味をちゃんと探り当ててくれる友人万歳。

焙煎するには、当然ながら、コーヒーの生豆(きまめ)を入手する必要がある。「きまめって、英語で何というのだろう・・・」と調べてみたら、何と「green coffee beans」と言うらしい。なるほど、その言葉のとおり、生のコーヒー豆は薄みがかった緑色で、はっとする美しさ。



続きを読む >>

2012.06.28 Thursday

さよならパーティのクッキー

帰国前の最後の日曜日、近所の友人たちを招いて、芝生の脇のオープンスペースで簡単なさよならパーティを開いた。引っ越し準備の真っただ中なので、大した食べ物は作れないけれど、市販のものを大量に買ってきて余らせるのは癪だし、かと言って手間をかけることは不可能だし・・・と迷った挙句、おいしい果物をたっぷりと、お決まりのチップス&サルサ(サルサ・フレスカだけでなく、今回ばかりは豆とワカモレまで付く完全版)、そして、せっかくなのでグルテンフリーのクッキーを2色焼いて、彼の地で一時期柄にもなくはまったクリームチーズフロスティングを上に載せることに。



続きを読む >>

2012.01.19 Thursday

グルテンフリー&ヴィーガンのチョコチップクッキー

小麦粉不使用、卵・乳製品不使用、そして砂糖・甘味料不使用。香ばしく、ざくざくとして、大満足なクッキーに仕上がった。

ベースにしたのは、デーツのペーストとココナツオイル。そして、アーモンドバター。もともとはアメリカンタイプのチューイーなクッキーを目指してみたけれど、試作数回、自分はやっぱり、ベーキングパウダーを入れないざくざくしたクッキーが好きだという結論に至り、この配合に。生地を綿棒で伸ばす工程もないので、本当に簡単。混ぜた生地を大さじですくい取って、手でつぶすだけ。ただし、デーツをペーストにするために、バーミックスなどのミキサーが必需品です。



続きを読む >>

2012.01.09 Monday

グルテンフリー&ヴィーガンのバターモチ

ついに作ってしまった。昨年のポットラックで出会ったハワイアンおやつ「バターモチ」。餅粉にバターや卵をたっぷり入れて、オーブンで焼き上げる独特のもちもちケーキ。その異様な存在感には、なぜか忘れがたい魅力があって、いつか作ってみたいという気持ちを捨てられなかった。

もちろんバターや卵は使わず、ココナツオイルやアーモンドで香り高い仕上がりに。上にはバナナを敷き詰め、冷めてからきれいに切り分けたら、みんなに好評であっという間になくなった。



続きを読む >>

2012.01.08 Sunday

グルテンフリー&ヴィーガンのパンケーキ

各種試作に励む冬休み。米粉でつくったパンケーキは、小麦粉のヴィーガン版よりもむしろフワッとして好ましい食感。香りがよく、きれいな焼き色もついて、かなり満足の行く出来。



続きを読む >>

<<new | 1 / 2pages | old>>
 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
  • log-in

  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.