2016.05.13 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2014.03.19 Wednesday

赤ちゃんがしっかり寝てくれる魔法のスケジュール

ジーナ式スケジュールに本格的に取り組み始めて4週間。昨日で生後10週に入った赤ん坊は、もう何日も続けて、夜通し眠ってくれている(夜の授乳が終わった23時30分頃から朝6時半頃の授乳までの約7時間)。一度だけ3時や4時ごろにフニャフニャ寝言泣きをするが、短いときは一瞬、長いときでも数分で、そのまま授乳や抱っこなしで眠りに戻ってくれている。完全にシナリオ通りの展開である。ひどい夜泣きが始まるのは6ヵ月ごろからと言うし、この先もずっと順調にうまく行くのかどうかは現時点では分からない。でも、親の方は本当によく眠れて、疲れも取れ、リラックスして安定した子育てができている。以下、初期を終えた段階でのジーナ式の感想や難しさをまとめてみたい。
続きを読む >>

2014.03.15 Saturday

赤ちゃんがしっかり寝てくれる魔法のスケジュール

さて、ジーナ式スケジュールがなぜうまく機能するのか。その目からウロコの五か条を自分たちなりにかみくだいて紹介してみたいと思う。

衝撃の事実その1:赤ちゃんが1日に眠る合計時間は大体決まっている
この単純な事実に、自分は今の今まで思い及びもしなかった。様々な調査によれば、赤ちゃんは平均して1日12〜16時間くらい眠り、あとの8〜12 時間は目を覚ましているらしい。もちろん個人差はあるに違いない。でも、間違っても「赤ちゃんは1日中眠っている」わけではないのだ!!これが意味するところは、たとえば昼間の12時間に赤ちゃんを6時間も眠らせてしまったら、赤ちゃんはまだ6時間しか起きていないわけだから、夜の12時間に最低2〜6時間目を覚ましたとしても何ら不思議はありませんよ、ということだ。ジーナさんはこれを踏まえ、昼寝時間を最低限に抑えることをすすめている。つまり、決められた時間になるまでは眠らせず、起きる時間になったら、まだ眠っていてもきちんと起こしなさいと言うのである。もちろん、小さい赤ちゃんはまだ疲れやすいので、週数に合った適切な昼寝時間が必要となる。たとえば、新生児なら5時間半以下、8週目の赤ちゃんなら3時間半以下というぐあいだ。

⇒教訓1:無尽蔵に昼寝させていたら、夜は起きることになる!
続きを読む >>

2014.03.13 Thursday

赤ちゃんがしっかり寝てくれる魔法のスケジュール

1月に生まれた赤ん坊も早2か月。まだまだ日々を回すだけで精いっぱいの生活だが、子育ては今のところ、びっくりするほどうまく行っている。もちろん、まだ夜泣きが本格的に始まる時期でもないし、「これからが本番」という面も多々あるとは言え、みんなが口を揃えて「大変」と言う新生児期を「こんなにラクでいいの!?」という驚きの中で過ごすことができているのは、特筆すべきことだと思っている。
 
これはひとえに、カリスマ・ナニーのジーナさんが編み出した「赤ちゃんがしっかり寝てくれる魔法のスケジュール」(ジーナ式スケジュール)を実行しているからであって、このスケジュールのお陰で、上のふたりが生まれた時のいつ果てるともしれない寝不足とエネルギー低下とイライラの連鎖にほとんどまったく苦しめられずに済んだ。

 
続きを読む >>

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
  • log-in

  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.