2016.05.13 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.01.07 Saturday

結論、おむつなし育児

長女Sが生後2週間のときに始めたおむつなし育児。その後、渡米のゴタゴタで一度完全にストップし、6ヵ月の時に再開したのがちょうど1年前。試行錯誤の中、緩やかに続けてきて、自分たちなりの「最終形」が見えてきた。何しろサンプル数「1」なので、いかなる一般化もできないけれど、自分たちの見た結論は以下の通り。

結論1. しっかり取り組んでも、必ずスムーズに「おむつゼロ」になるとは限らない。
結論2. とは言え、それなりにきちんとやったことで、良いアウトプットはたくさんあった(たとえば、うんちおむつが限りなくゼロになる。おしっこおむつの枚数もかなり減り、おむつかぶれなど皆無だった。赤ん坊の様子をより注意深く見る習慣ができた。赤ん坊とのたのしいコミュニケーションになった。固定観念から自由になれた。より自然な育児の実践を体感できたetc.)。

続きを読む >>

2011.08.07 Sunday

「おむつなし」に本格挑戦

ゆるゆる「おむつなし育児」からの脱皮を図るべく、サンフランシスコ在住の友人が実践した「3日間でおむつを外す方法」に挑戦。

やり方はいろいろあるようだけれど、我が家が踏襲したのは、
3日間、原則として家から出ない。
△むつは完全に外し、下半身は何も履かせない。
N梢討里匹舛蕕が、常時目を向ける。
といったところ。3日間で成功率が75%に満たなければ「まだ準備ができていないので、6〜8週間後に再挑戦すべし」とのことだった。

以前書いたとおり、これまで娘S(13か月)は「うんち」はトイレでできていたけれど、「おしっこ」はほぼおむつにしていた状況だったので、そもそも無謀だと思っていた。でも、先週くらいから、急にSがお腹をぽんぽん叩いてトイレを指さし、「チッチ?」と訊くと、うんうん頷き、実際に排尿する、という快挙が数回立て続けに起こったので、「もしや準備ができている?」と思ったのだった。こんな手間のかかる挑戦は夏休みしかできないし、3日でいいなら失うものは何もない、と思ってワクワク取り組んでみた。

続きを読む >>

2011.07.14 Thursday

おむつなし育児、その後

昨年末から始めた下の娘(現在1歳1ヶ月)のおむつなし育児。半年以上が過ぎ、順調とも言え、停滞とも言える今日この頃。おむつは相変わらず、1日に10枚を軽く超える量が出ている。

期待ではもう少し進んでいる予定だったのだけれど、この数ヶ月、何だかもう新しいことがいろいろあり過ぎて、上の子の運動プログラムも毎日フル回転だし、本格的におむつなし育児に向き合っている余裕はまったくと言ってよいほど、なかった。なので、おむつをしないで放し飼いにする「おむつなしタイム」は完全休止中で、常時おむつをさせて、本人が合図を出した時だけトイレに連れて行っている。その割には、引き続き、毎日ほとんど「うんち」はトイレにできているし、「おしっこ」も日に何回かはトイレでできている、というのは、ゼロに比べればなかなかのもの、という気もする。でも、せっかくの夏休み。時間限定の「おむつなしタイム」も久しぶりに復活してみたいし、半年以上も前にせっかく嬉々として買い求めたまま、ただの「プラスチックのおもちゃ」と化している「おまる」をもう少し活用すべく、今一度心機一転取り組まなくちゃね、と思っている。こちらがちゃんと取り組まないので、娘は「うんちはトイレで、おしっこはおむつの中でするもの」と思い込んでいる様子。

続きを読む >>

2011.01.16 Sunday

おむつなし育児、その後

本格的に再開してから約1ヶ月。まずはきわめて順調、と言ってよい状況だと思う。とは言え、勇んで参入した自分が主体的に頑張ったのはわずか数日で、その後は、そんな自分に触発された妻の方が、主に頑張ってくれている。ちょっと面目ないけれど、まぁ一応、自分がわぁわぁ言い出したことで家族全体として取り組んでみる方向にいったので、良しとするか、といったところ。

現在の状況は、何と、ウンチの方はかなりの確率で、トイレなどしかるべき場所で「キャッチ」できている。毎日4〜5回のウンチのうち、おむつの中にしてしまうのは1回あるかどうか、なので、これは相当なことだと思う。布おむつを洗う手間も格段に減ったし、赤ん坊のお尻にも良いはず。最近の我が家の朝は、洗面台の方向から響いてくる赤ん坊の唸り声と「ブリブリブリ〜」という轟音で始まる。「朝起きてすぐ1回目」というのがうちの子のパターンらしく、これは本当に判を押したように毎日同じ(させているのは妻)。うまくできる時の赤ん坊は、する前から嬉しそうにニコニコして、出ると更にニコニコして、本当にかわいい。

続きを読む >>

2010.12.26 Sunday

おむつなし育児

せっかくの冬休みなので、下の子(6か月)のおむつなし育児に本格参加してみることにした。出産前に妻が「今度はおむつなし育児をやる」と言い出したときは、「また大それたことを・・・」と思わないでもなかった。でも、以前聞いたウガンダのマジカルチャイルドのエピソード(彼の地では赤ん坊におむつをつけず、直観で赤ん坊の欲求を予知し、スリングを汚さずにきちんと排泄させる母親が少なくないという)が心に残っていたので、「できるものならその方が良いに決まっている」という気持ちもあった。

実際にやってみると、あまりに簡単でおどろいた。赤ん坊が「何となくしたそうな」様子を見せたとき(たとえば、急に泣いたり、暴れたり、動きが静止したり、おならをしたりetc)、おむつを外してしかるべき容器の上で「シーシー」と声をかけると、本当におしっこやウンチをしてくれるのだ。まるで手品のよう。ガイドブックによれば、赤ん坊には元来そのような本能が備わっているとのこと。それをおむつで完全に覆い隠す文化が始まったのは、意外に最近らしく、ウガンダどころか、日本を含む世界中で、ごく近年に至るまでおむつなし育児は生活の中で実践されていたらしい。

続きを読む >>

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
  • log-in

  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.